どんな方法があるの?

部屋の整理をしたり、引越しをしたりした時、本の処分に困ることがありますね。そんな時に利用したいのが、処分に困った本や雑誌などを高価で買い取ってくれる本の買取サービスです。もういらないからと捨ててしまえばそれまでですが、買い取ってもらえば他の人に活用してもらえる上、お金にもなるということで人気を集めています。

本の買取をしてくれるのは、町の古本屋やリサイクルショップ、それから、インターネットでやり取りして買取ってもらうこともできます。古本屋さんは、みなさんの町にもきっと1軒や2軒はあるのではないでしょうか。古くから続いているお店ならば、古い本でも高く買い取ってくれるでしょう。リサイクルショップは、例えば「ブックオフ」のような本の買取ショップです。1点からさまざまな本や雑誌の買取を行っています。

インターネットでの本の買取には、「イーブックオフ」や「古本市場」などがあります。本の買取までの流れは、まずダンボール箱などに本を入れて郵送するか、自宅まで取りに来てもらいます。そして査定の結果に納得がいけばそのまま買取ってもらいます。実店舗に行くことなく手続きができてしまうのが何よりのメリットといえます。また、ブックオフでは買取ってもらいたい本を送りたいけれど適当なサイズのダンボールがないという方のために、新品は150円、中古は100円でダンボールの販売もしており、購入したダンボールで本を送れば、本の買取時にダンボール1枚50円で買取ってもらえます。さらに、10点以上まとまれば送料が無料になる「おためし査定」のサービスもあり、万一査定額が不満な時には送料負担で返送してもらえます。

本の買取の際に最も気になるのは買取額ですが、こればかりは実際にお店で査定をしてもらわなければわからないものです。人気の本だと高くなりそうですが、在庫が多くて売れないこともありますし、古い本だからそれほど高くならないだろうと思っても、意外に高値で買取ってもらえたりもします。ですから、本の買取はまず査定をしてもらうことが大切といえます。

関連エントリー


いらなくなった参考書を売って小遣い稼ぎ♪参考書買取がおすすめ
 
Copyright © 2010 本の買取Q&A~読み終わった後の本を高値で売ろう!~. All rights reserved