「ブックオフ」

本の買取ショップと聞いて多くの方がまず思い浮かべるのは「ブックオフ」ではないでしょうか。神奈川県に本社を置き、1990年に一号店を開店してからフランチャイズ方式で店舗を増やし、今では業界最大手の中古本販売チェーンとなっています。ブックオフがこれだけ人気を集めた理由は、まず入りやすい店舗作りにあります。コンビニエンスストアのような気軽に入れる店作りで、学生さんから若い女性を中心に幅広い人気を集めました。

ブックオフでの本の買取方法は、大きく分けて店頭買取と自宅集荷の2つがあります。店頭買取は、ブックオフの店頭に行って受付で査定をしてもらう方法です。その時のお店の混み具合にもよりますが、大体5分から15分程度で査定結果が出ます。どの本がいくらで売れるかというリストを見せてもらえますので、それに納得したらその場でサインをして買取ってもらいます。予約などはいりませんし、1点から買取可能ですから、いつでも気軽に行けるのが嬉しいポイントです。

自宅集荷には、店舗出張買取、宅本便、出張買取センターという3つの方法があります。店舗出張買取は、店舗のスタッフが自宅まで出張して買取査定を行うもので、利用には予約が必要です。宅本便は、本をダンボールなどに入れてブックオフに送れば査定をしてもらえるというサービスで、ウェブかフリーダイヤルでの申し込みが必要になります。出張買取センターは、ブックオフのスタッフが自宅まで本を取りに来て一旦センターに戻って査定を行い、後日査定額を教えてもらえるというサービスです。対応可能なエリアは主に首都圏と都市部ですので、該当地域の方はぜひ利用してみてください。

ブックオフオンライン

関連エントリー



 
Copyright © 2010 本の買取Q&A~読み終わった後の本を高値で売ろう!~. All rights reserved