どんな本ならOK?

本の買取とひとくちに言っても、本にはさまざまなジャンルがあります。ただ本なら何でも買取ってもらえるかというと、そうではありません。

一般的に買取ってもらえる本は、マンガ、文庫本、新書、文芸書、実用書、参考書、辞書、児童書、写真集、美術本、ゲーム攻略本などです。雑誌はどうかというと、流行の移り変わりが激しい内容のものはNGですが、旅行雑誌など流行に左右されない本なら大丈夫なことが多いようです。また、週刊誌は情報がどんどん変わるのでNGの場合が多いですが、内容によっては買取ってもらえます。これはマンガも同じで、少年ジャンプなどの週刊マンガは買取ってもらえないことが多いようです。

その他、買取ってもらえない本としては、企業のパンフレット、同人誌などの非売品の本があります。これらは元々販売のために作られているものではありませんので、リサイクルショップでも売ることができません。百科事典なども、比較的新しいもの以外は買取ってもらえません。このように、内容によっては買取ってもらえませんので、売る時には十分に注意しましょう。

これ以外には、書き込みがあるもの、傷やシミ、汚れなどがあるもの、カバーがなかったり変形したりしているもの、日焼けしているものなどは買取ってもらえません。要するに、商品として成立しないものは買取ってもらえませんので、査定に出す時はできるだけキレイな状態にして出すようにしましょう。

関連エントリー



 
Copyright © 2010 本の買取Q&A~読み終わった後の本を高値で売ろう!~. All rights reserved