映画のパフレットや楽譜も売る

本の買取といっても、お店によって買取ってくれるものはさまざまです。また、本とひとくちに言っても、買取ってもらいたいものは人によってさまざまですよね。中には映画のパンフレットや楽譜など、本に入るのかどうかよくわからないようなものを売りたいという人もいるかもしれません。

お店によっては、映画のパンフレットや楽譜も売ることができます。もちろん、他の本と同じように、破れていたり、日焼けしていたり、書き込みがあったりすると買取ってもらえませんが、状態がある程度保たれているものであれば大丈夫でしょう。お店によっては大歓迎で買取ってくれるところもありますし、逆に受付けていないところもありますから、あらかじめお店に電話をして確認した上で査定してもらいに行くと良いでしょう。

この他、学生の中には参考書や辞書を売りたいという人が多いようです。確かに一定期間使ったら必要がなくなる場合が多いですから、買取って欲しいと思う人は多いかもしれませんね。基本的には、参考書や辞書も買取ってもらえる場合が多いようです。ただし、こちらも書き込みがあったり破れていたりすると買取不可となりますので、状態がキレイなものに限ります。また、古い参考書などはなかなか売れませんので、年数の経った古いものは断られる場合があるかもしれません。また、教科書を売りたいという人もいるかもしれませんが、専門書や教科書の買取専門のお店であれば大丈夫なものの、一般的な古本ショップでは基本的に受付けていないようです。

関連エントリー



 
Copyright © 2010 本の買取Q&A~読み終わった後の本を高値で売ろう!~. All rights reserved