本を高く売るポイント

本を買取ってもらう時には、できるだけ高く売りたいと誰でも思うところですね。本を高く売るためには、いくつかのポイントがあります。

1つ目のポイントは「できるだけキレイな状態にする」ことです。もちろんキレイなだけで売れるというわけではなく、本の内容や著者にもよりますが、キレイな方が売れやすいのは確かです。できるだけ新品の状態に近づけるように心がけましょう。新書を買った時、将来不要になったら売ろうと思うのならば、帯やカバーを保管しておいたり、日焼けしないようなところに置いたりしておくと良いでしょう。また、雑誌などには付録や付属品がついていることがありますが、このようなものも取っておくと高値で売れる場合があります。

2つ目のポイントは「まとめて売る」ということです。例えばマンガなら全巻セットにしておくとか、文庫本も巻数をそろえたり、同じ作者でまとめたりすると高く売れる傾向にあります。

3つ目のポイントとして「売るタイミング」も重要です。増版されたりしてあまりに多く出回っているベストセラー本などは、人気があっても意外に高く売れないことがあります。高く売るなら、発売後間もない時期に売るのがおすすめです。テレビドラマの原作本なども、放送後ではなく、放送初期の段階で売ると高くなる傾向にあります。

そして最後に、「さまざまなキャンペーンをうまく利用する」ということもポイントとして挙げられます。通常よりも高値で買取ってくれたり、他店の査定額の何割増かで買取ってくれるようなキャンペーンが随時行われているので、お店のホームページをのぞいて情報をチェックしておくと良いでしょう。

関連エントリー



 
Copyright © 2010 本の買取Q&A~読み終わった後の本を高値で売ろう!~. All rights reserved